博物館資料論[20N0023]

科目名
Course Title
博物館資料論[20N0023]
Theory of Museum Objects
授業言語
Language
Japanese
科目区分・科目種 全学共通科目 クラス 全学科
CCBM キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 24

担当教員 埋忠 美沙
学期 後期
曜日・時限・教室
木曜 9 10 共通講義棟1号館101室

授業の形態
講義

教科書・参考文献
適宜プリントを配布する。

評価方法・評価割合
小論文(レポート)=50%(期末レポートおよび博物館見学(アクティブ・ラーニング・アワー)のレポート),その他=50%(各回のレビューシート)

主題と目標
博物館資料の収集、整理保管等に関する知識・技術を習得し、また博物館の調査研究活動について理解し、展示・公開の理念と方法を学ぶことによって、資料に対する基礎的能力を養う。

授業計画
第1回
授業の概要、イントロダクション
第2回
資料の意義と価値
第3回
資料の種類と分類
第4回
資料の収集と博物館化
第5回
資料の記述と目録
第6回
資料の整理と保管
第7回
アクティブ・ラーニング・アワー
第8回
収蔵庫と収納
第9回
資料の保存と環境
第10回
資料の危機管理
第11回
資料の修理・修復
第12回
資料の調査研究と研究成果の還元
第13回
資料の公開と展示
第14回
予備日
第15回
アクティブ・ラーニング・アワー

上記授業計画は予定(2020年3月時点)であり、内容に変更が生じる可能性もある。

時間外学習
授業期間中に一度、自身で興味を持った博物館に見学へ行き、その展示について「資料」という視点からレポートを作成する。

学生へのメッセージ
博物館に関する各科目を学ぶことを通じて養った多角的な視点をもって積極的に博物館を訪れ、より多くのメッセージを受け取り、資料の取り扱いについて我が事としてイメージしてほしい。

学生の問い合わせ先
オフィスアワーは木曜日の昼休み。