ライフステージと心身の健康[20N0090]

科目名
Course Title
ライフステージと心身の健康[20N0090]
Health Promotion and Disease Prevention Throughout theWomen's Life
授業言語
Language
Japanese
科目区分・科目種 全学共通科目 クラス 全学科
CCBM キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 14

担当教員 本田 善一郎
学期 後期
曜日・時限・教室
月曜 7 8 共通講義棟2号館201室

受講条件・その他注意
全ての学部学生の方の参加を歓迎します。1-2年生での履修は特にお勧めします。

授業の形態
講義

教科書・参考文献
指定しません。各講師による充実した講義資料(レジュメ)が配られます。

評価方法・評価割合
期末試験=期末レポート 70%,その他=授業参加 30%

主題と目標
女性のライフステージが進むにつれて心と体の状態はさまざまに変化します。大学生になり人との付き合いが広がると、これまでに経験したことのない、新たなチャレンジ(価値があり乗り越えるべき障壁)が生じます。あらかじめ十分な健康知識、ヘルスリテラシーを身につけて心身のコンディションを保ち、社会的な視点を広く持つことが重要になってきます。
この講義では、医学、精神医学、心理学、栄養学、社会学、情報学、そしてこれらに関連する学際的な分野で活躍する先生方をお招きして、学生のうちに身につけるべきヘルスリテラシー、社会的インテリジェンス、そして現在発展しつつある先進的な知識について語っていただきます。さらに、講師の先生ご自身の、失敗や成功を伴う成長過程にも触れていただきます。1回ごとが面白く、15回をシリーズとして聞くことで、学生の皆さんのさらなる成長が期待される、充実した講義です。
大学や社会との関わり合いに不調和を感じている、自分や周囲の人のこころや体の健康で考えることがある、コンディションを良くしてさらに飛躍したい、知らない分野の専門家の話を聞きたい、どのような人にも楽しんで参加してもらえるはずです。
全学共通科目(2単位)として開講します。

授業計画
【2018年の講義を掲載します。本年度も同様に進めていきます。】
1
本田 善一郎 本学 保健管理センター 所長 内科学 オーバービュー
2
中谷 隆子  本学 学生相談室 講師 臨床心理学 学生相談室から見る大学生活と心の健康
3
平池 修   東京大学 医学部附属病院 産婦人科 准教授 産婦人科学 女性のライフステージと疾患
4
榊原 洋一  本学 基幹研究院 自然科学系 名誉教授 発達障害
5
布施 泰子  茨城大学 保健管理センター 所長 精神医学 大学生にとって身近なこころの病
6
森屋 恭爾  東京大学 医学部附属病院 感染症内科 教授 内科学 感染症の今 グローバル感染症
7
植木 浩二郎 国立国際医療研究センター 分子糖尿病医学研究部 センター長 内科学 生活主観病を考える:やせと肥満
8
渡邉 慶一郎 東京大学 学生相談ネットワーク 准教授 精神医学 精神疾患の予防 発達障害
9
小玉 亮子  本学 基幹研究院 人間科学系 教授 家族社会学 ライフステージと母子関係
10
坂中 千恵  東京大学 臨床研究支援センター 准教授 内科学・薬学 薬のできるまでa
11
行木 陽子  日本IBM 理事(技術担当)シスエムエンジニアリング AI(人工知能)と次世代ワークスタイル
12
湯浅 卓   国際弁護士 国際法学  国際社会の試練とサバイバル
13
岩壁 茂   本学 基幹研究院 人間科学系 准教授 心理学研究法 感情と心理的健康
14
市 育代   本学 基幹研究院 自然科学系 講師 栄養学 食と健康
15
本田 善一郎 本学 保健管理センター 所長 内科学 まとめとレポート提出

時間外学習
特に設定しません。講師の先生の論文、著書をあらかじめ読んでおくと、さらに興味が湧くかもしれません。

学生へのメッセージ
オムニバス講義形式であり毎回新鮮な出会いがあります。女性の身体の変化と疾患、生活習慣病、栄養と健康、学生時代に見られる精神疾患、発達障害、薬とは何か、などヘルスリテラシー上で核心的なテーマに加えて、女性のライフステージと家族、感情のコントロール、人への心の開きかた、アメリカ社会でのサバイバル、など広がりのある社会知に触れた講義が行われます。担当教員(本田)はオーバービューを行うほか、毎回の講義をみなさんとともに聞いて、双方向的な交流を促すファシリテーターとしての役割を果たします。
何も用意せずに聞きに来て、気持ちを自由にして90分過ごし、質問して、議論してください。