情報処理演習(1)[21A0151]

科目名
Course Title
情報処理演習(1)[21A0151]
Exercises in Information Processing (1)
授業言語
Language
Japanese
科目区分・科目種 情報 クラス 生活A
CCBM キャリアデザイン  
単位数 1.0単位 履修年次 1

担当教員 川内 紀代恵
西村 純子
学期 1学期
曜日・時限・教室
木曜 5 6 理学部3号館601室【ITルーム1】

(1)、(2)が付く科目の履修方法
この科目は、(1)又は(2)を独立した科目として履修することができます。

受講条件・その他注意
コンピュータ利用時に、学生証ICカードとパスワードが必要。
生活科学部・人間生活学科の必修科目であるため、1年生を優先とし、過年度生も受講可とする。また、実習に使用するパソコンに余裕がある場合、他専攻の受講を認める。

授業の形態
講義,演習

教科書・参考文献
今すぐ使えるかんたん
Office for Mac 完全ガイドブック 困った解決&便利技 改訂3版

評価方法・評価割合
実習成果=45%:宿題の提出を評価、各回宿題の提出が期限を超えた場合は減点あり。,発表=25%:期末試験は実施せず、授業内発表で評価する。,授業への参加態度=30%:出席や発言など。ただし出席率が6割未満の場合は単位認定しない。

主題と目標
テキストエディタ、ワープロなどのパソコンソフトを使った実習を通じて、情報の収集と分析、レポートの作成、情報の発信といった基本的な情報処理能力を取得することを主題とする。さらに、高度化するネット社会のなかで、いかにすれば賢く振る舞えるのかを考え、そのために必要となる情報リテラシー(単なる技能だけでなく倫理的な教養も含む総合的な能力)を獲得することを最終的な目標とする。

授業計画
授業は、教室内のパーソナルコンピュータを実際に操作しながら進めていく。主な内容は以下に示すとおり。ただし、詳細な内容や扱う順序は進行具合に応じて適宜変更する。利用するソフトウェアは、ウェブブラウザ、テキストエディタ、ワードプロセッサ(Word)、表計算ソフト(Excel)、プレゼンテーションソフト(PowerPoint)など。

1. パソコンの構成、システムの起動と終了
2. Wordの基本操作。3. Wordの書式と段落の設定。4. Wordの図形・画像・ページ番号の挿入。5. Word の表の作成。6. Excelの基本操作。7. Excel の数式と関数の利用。8. Excelのセルと行・列の編集。"

時間外学習
課題や復習を学内に設置されているiMacを利用し進めること。

学生へのメッセージ
高校の必修科目として「情報」が設けられているが、その扱いについてはいまだに学校間で格差があり、授業の内容やレベルは不統一な状態にある。そのため本科目においては、学生間のバラつきを解消するべく、かなり基礎的な部分から解説を行っていく。一部の学生にとっては、高校時代の受講内容との重複が出る可能性もあるが、その点は承知の上で受講していただきたい。

学生の問い合わせ先
kawauchi.kiyoe@ocha.ac.jp