生命と環境6 惑星地球の科学 [21A2006]

科目名
Course Title
生命と環境6 惑星地球の科学 [21A2006]
Life and Environment 6: Physics of Planet Earth
授業言語
Language
Japanese
科目区分・科目種 文理融合リベラルアーツ クラス 全学科
CCBM キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 14

担当教員 瀧 哲朗
学期 後期
曜日・時限・教室
水曜 3 4 共通講義棟1号館304室

受講条件・その他注意
特になし

授業の形態
講義,全面オンライン

教科書・参考文献
教科書は特に用いない。講義ごとに資料を配布する。参考書はその都度講義で紹介する。

評価方法・評価割合
小論文(レポート)=期末レポート 40%,その他=時間外学習の小レポート 20%,授業への参加態度=40%

主題と目標
私たちの住む惑星・地球やその衛星である月,そして他の惑星や衛星,小天体などを包含する太陽系に関して,それぞれの天体の特徴や成り立ちと,それらを形作る様々なしくみについて理解する.また,近年発見が相次ぐ太陽系の外に広がる他の惑星系や,手の届かない天体を知るための方法論についてその現状を知り,我々を取り巻く広大な世界がどのような姿をしているのかを考える.

授業計画
講義予定
第1回 ガイダンス(講義内容・評価方法),惑星科学とは何か,本講義で取り扱う対象について
第2〜4回 地球の基本構造とシステム:地球大気・内部の層構造と相互作用
第5〜7回 惑星形成論の理解,隕石
第8〜9回 地球型惑星と月:月の形成過程,地球型惑星の探査と多様性
第10〜12回 ガス惑星・氷惑星とその衛星,小天体:外惑星とその衛星,また小天体の探査と多様性
第13回 太陽系外惑星の世界:系外惑星の観測法の理解とこれまでに発見された様々な系外惑星の紹介

時間外学習
講義に関連した映画等を視聴し、レポートを作成する。冬季休業中に実施。

学生へのメッセージ
この授業は全面オンラインで行います。地球とそれを取り巻く宇宙,特に他の惑星や衛星などで構成される太陽系の多様な姿を知る楽しさを知ってください。また,手の届かない世界をどのようにして解明してきたのか、そのプロセスを知的冒険として楽しんでもらえればと思います。