色・音・香5 心の健康と感情[21A2111]

科目名
Course Title
色・音・香5 心の健康と感情[21A2111]
科目区分・科目種 文理融合リベラルアーツ クラス 全学科
CCBM キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 14

担当教員 高橋 哲
学期 後期
曜日・時限・教室
月曜 3 4 共通講義棟2号館201室

授業の形態
講義,全面オンライン

教科書・参考文献
教科書は指定しません。参考資料は講義の都度,配布します。

評価方法・評価割合
小論文(レポート)=70%,授業への参加態度=30%(毎回リアクションペーパーを求めます。なお,原則として,全体の授業のうち1/3以上を欠席した場合には不可とします。)

主題と目標
本講義では,感情とは何か,私たちの心理的健康や社会生活において感情がどのような役割を果たしているのかということを理論,実証研究および臨床実践といった様々な観点から学びます。

授業計画
第1回:オリエンテーション
第2回:感情(情動・情緒)とは何か
第3回:感情を生み出すしくみとその機能
第4回:感情と認知と行動
第5回:うつと感情関連の障害
第6回:情動の発達
第7回:虐待・トラウマ・感情
第8回:気分を変える−感情調整とアディクション
第9回:キレる−粗暴犯罪と感情
第10回:感情との付き合い方@
第11回:感情との付き合い方A
第12回:感情との付き合い方B
第13回:まとめ
ALH@:毎回の講義終了後,簡単なリアクションペーパーの提出を求めますので,作成時間に充ててください。
ALHA:自分自身の感情の移り変わりについて記録し,それをもとに討論してもらう機会を設けることを想定しています。
(各回の内容・順序は変更になることがあります)

時間外学習
授業で扱った内容について,関連する文献を時間外に読んでください。

学生へのメッセージ
私たちにとって,感情とは馴染み深く身近に感じられるものですが,ひとたび,感情とは何でどのような働きをしているのかと考えだすと難しいものです。この講義では,さまざまな感情について主として心理学の観点から一つずつ検討していきます。講義においては,自分自身の感情体験をモニターし,それについて振り返る機会も設けることによって,感情との付き合い方を実践的に学びたいと思います。

学生の問い合わせ先
研究室は本館342(オフィスアワーは火12:20-13:10)。連絡用のメールアドレスを授業時に伝達します。