リベラルアーツ演習T[21A3471]

科目名
Course Title
リベラルアーツ演習T[21A3471]
Seminar of Liberal ArtsT
授業言語
Language
Japanese
科目区分・科目種 文理融合リベラルアーツ クラス からだのサイエンス
CCBM キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 1

担当教員 水村 真由美
学期 前期
曜日・時限・教室
水曜 3 4 文教育学部2号館308室

授業の形態
演習,実施方法検討中

教科書・参考文献
参考書:ダンサーなら知っておきたい「からだ」のこと、水村真由美、大修館書店、ダンサーなら知っておきたい「トレーニングのこと」水村真由美、大修館書店、ダンサーのヘルスケア、水村真由美、中村格子監修、医道の日本社

評価方法・評価割合
小論文(レポート)=40%(小レポートおよび期末レポート),発表=30%(授業内でのディスカッション),その他=10%,授業への参加態度=20%

主題と目標
自分のからだを良い状態にも悪い状態にもしてしまうのは自分自身である。
自分のからだを科学的に考える解剖学、生理学、運動学の基礎を学んだうえで、一生元気なからだを保つための方策、すなわちトレーニングについて考える。
本演習では、まず自分の身体を考えるための基礎的な身体運動科学の知識を得たうえで、自分の身体をどんな状態に保ちたいか、そのためにはどんな運動や生活が必要かを考え、自分達のからだのための運動やトレーニングを考えることをグループで行います。時々身体も動かしたいと思っています。

授業計画
自分のからだを良い状態にも悪い状態にもしてしまうのは自分自身である。
自分のからだを科学的に考える解剖学、生理学、運動学の基礎を学んだうえで、一生元気なからだを保つための方策、すなわちトレーニングについて考える。
本演習では、まず自分の身体を考えるための基礎的な身体運動科学の知識を得たうえで、自分の身体をどんな状態に保ちたいか、そのためにはどんな運動や生活が必要かを考え、自分達のからだのための運動やトレーニングを考えることをグループで行います。時々身体も動かしたいと思っています。
なお一回目の授業で、受講者の興味や、運動の嗜好などを確認したうえで、詳細な授業計画を提示するので、1回目の授業は必ず受講してください。

時間外学習
授業で得た知識に加えて、自分で調べた科学的事実を元に、昨今話題のトレーニングやボディワーク等を体験し、その運動効果についてレポートにまとめる。

学生へのメッセージ
対面で数回運動実習をすることを予定しているが、授業内容については、一回目の授業にて詳細を伝えます。運動が運動が好き、楽しい、あるいは運動をやったら心地よいといった感覚を大切に、科学的な目で自分のからだを一緒に考えてみましょう。今は、運動がきらい、苦手という人も、科学の眼で自分のからだを考えることは、きっと新たな発見があると思います。

注)教室が文教育学部2号館 308に変更になりました。