リベラルアーツ演習T[21A3478]

科目名
Course Title
リベラルアーツ演習T[21A3478]
Seminar of Liberal ArtsT
授業言語
Language
Japanese
科目区分・科目種 文理融合リベラルアーツ クラス 行動をデザインする
CCBM キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 1

担当教員 長澤 夏子
学期 前期
曜日・時限・教室
水曜 3 4 生活科学部本館127室

授業の形態
講義,演習

教科書・参考文献
必要な資料は、授業の中で指示します。
参考書:「行動をデザインする」彰国社

評価方法・評価割合
実習成果=30%,発表=30%,授業への参加態度=40%

主題と目標
近道をしたり、小声になったり、近づいてよく見たり、立ち止まったり、座り込んだり。
建物や都市の中の大勢の人を観察すると行動のパターンが浮かび上がります。どうして、この場所ではこのような行動をとるのでしょうか?空間と行動についての研究をご紹介します。また実際の行動観察や調査の発表を行い、環境と人の行動を読み解きます。

授業計画
以下を予定している。状況によって、内容や進め方が変わる場合があります。

4/21 第1回 ガイダンス人間の行動の研究 相互システムについて
4/28 第2回 定位のはなし
5/12 対面 第3回 パーソナルスペースの話
5/19 第4回 ソーシャルディスタンス
5/26 第5回 居場所の調査
6/2 第6回 居方のはなし
6/9 対面 第7回 歩行のはなし
6/16 第8回 歩行行動のデザイン
6/23 第9回 歩数のはなし
6/30 第10回 買い物行動のはなし
7/7 対面 第11回 観覧行動のはなし
7/14 第12回 休憩行動のはなし
7/21 第13回 省エネルギー行動のデザイン
7月31日 ALH1 学びの報告と成果(スライド)提出
8月14日 ALH2 報告の閲覧と課題提出 

時間外学習
身の回りにある環境のなかで人の行動を観察をしていただくことになります。

学生へのメッセージ
日常環境と人の認知・心理・行動などについて学びましょう。ソーシャルディスタンスについても一緒に考えてみたいと思います。

学生の問い合わせ先
長澤夏子 nagasawa.natsuko (アットマーク)ocha.ac.jp