卒業論文[22B0090]

科目名
Course Title
卒業論文[22B0090]
Graduation Thesis
科目区分・科目種 哲学・倫理学・美術史コース クラス 哲学・倫理学・美術史コース
CCBM キャリアデザイン  
単位数 8.0単位 履修年次 4

担当教員 哲学全教員
土谷 真紀
学期 通不定期

授業の形態
演習

教科書・参考文献
各自の研究テーマに合わせて選定すること

ALH区分
通常授業として実施(11・12限等)

評価方法・評価割合
その他=論文

主題と目標
卒業論文は4年間の大学生活の中で学んだことの集大成となると同時に、大学卒業後にまで残る、この時点での知力の自己ベストとなるものでもあります。各自自由に研究テーマを設定し、指導教員の指導のもと、他の学生・院生とお互いに発表しあいながら論文を作成していってください。

授業計画
前期中は、主に大学院生の発表をできるだけ聞いて、学術発表や学術論文のスタイルになじむようにしてください。同時に、自分のテーマをじっくりと考え、夏ごろには定められるように準備してください。夏ごろにはテーマを定め、対象の分析を始めるようにするとよいでしょう。後期に入ってからは、順次構想発表、中間報告を重ねていきます。発表を重ねながら、方向性を修正したり内容を深めたりしていってください。他の同級生の発表を聞いたり、自分の発表を聞いてもらったりして、相互に刺激を与えあい批判を交わしながら研究を進めるようにしてください。

時間外学習
                              

学生へのメッセージ
多くのことが自主性に任されています。もっとも関心のあるテーマを選び、自分に合った方法論を採用して研究を進めてください。形式的な面については、卒論作成の手引きを見てください。