哲学演習BU[22B0135]

科目名
Course Title
哲学演習BU[22B0135]
Seminar: Philosophy BU
科目区分・科目種 哲学・倫理学・美術史コース クラス 哲学・倫理学・美術史コース
CCBM キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 24

担当教員 中野 裕考
学期 後期
曜日・時限・教室
木曜 3 4 人間文化研究科棟105室

授業の形態
演習

教科書・参考文献
教科書は各自で入手してもらいます。

ALH区分
ALHとして実施

評価方法・評価割合
発表,授業への参加態度=議論への参加度,ALH(アクティブ・ラーニング・アワー)

主題と目標
チャールズ・テイラーの『世俗の時代』を日本語訳で通読いたします。参加者数人で担当範囲を決め、各自が担当箇所について論点を整理しつつ発表し、その内容を検討することで理解を共有していきます。

授業計画
現代文化の基本潮流を総合的に捉える代表的論者の著作をまとめて読むことで、現代の問題状況についての幅広い視野を獲得いたします。「我々はどんな時代を生きているのか」「我々はどこからきてどこへ向かっているのか」といった大きな問題についての、最も信頼できる西洋の思想家の一人の独自な見方に触れたいと思います。精読というよりはまとまった分量を日本語訳で読み進めることに重点をおきます。各自がそれぞれの関心に応じて、積極的に問い進めることで、それぞれなりの学びをそれぞれの視点から持ち帰ってもらいます。
2回分をアクティブ・ラーニング・アワーとして、各自の読み込みと報告作成に充ててもらいます。

時間外学習
各自予習を行ってきたうえで授業に臨んでもらいます。担当の回は担当箇所のレジュメを作製すること、それ以外の箇所については議論のための問いや問題点を具体的に考えてきてもらいます。

学生へのメッセージ
テキストは、新品は高いので古本がお勧めです。どこで探したらよいか分からない人は教員まで連絡ください。入手先をお教えいたします。それでも高くて買えないという人も教員まで連絡ください。