日本古代中世史特殊講義[22B0326]

科目名
Course Title
日本古代中世史特殊講義[22B0326]
Advanced Lectures in Premodern Japanese History
授業言語
Language
Japanese
科目区分・科目種 比較歴史学コース クラス 比較歴史学コース
CCBM キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 24

担当教員 遠藤 みどり
学期 後期
曜日・時限・教室
火曜 3 4 共通講義棟1号館302室

受講条件・その他注意
特になし

授業の形態
講義

教科書・参考文献
毎回プリントを配布する。参考書は授業を進める中で適宜紹介する。

ALH区分
ALHとして実施

評価方法・評価割合
小論文(レポート)=60%,授業への参加態度=30%(コメントペーパーの提出),ALH(アクティブ・ラーニング・アワー)=10%

主題と目標
日本古代の天皇をめぐる研究について、その研究史をひもときながら、古代天皇制研究の問題と現状を理解する。その上で、日本古代王権の特質を、女帝と譲位という皇位継承の問題から検討していく。

授業計画
第1回 ガイダンス
第2回 古代天皇制・譲位についてのイメージをまとめる(ALH)
第3回 戦前の天皇制研究
第4回 戦後の天皇制研究
第5回 近年の研究動向
第6回 日本古代の譲位
第7回 中国の譲位@
第8回 中国の譲位A
第9回 立太子儀の検討
第10回 日本古代の皇太子と譲位
第11回 譲国儀の成立@
第12回 譲国儀の成立A
第13回 譲国儀の成立B
第14回 日本古代天皇制の特質
第15回 天皇制について考えたことをまとめる(ALH)

時間外学習
授業で興味を持った内容について、史料や参考文献を読むなどして理解を深めてください。

学生へのメッセージ
天皇制は現在まで続く制度です。現代の問題を考える上でも、その成立の事情を考えてみることは重要です。日本古代史に興味ある人も、そうじゃない人も気軽に受講してみてください。