地図学[22B0391]

科目名
Course Title
地図学[22B0391]
Cartography
授業言語
Language
Japanese
科目区分・科目種 地理学コース クラス 地理学コース
CCBM キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 14

担当教員 小堀 昇
学期 前集中
日程・時限・教室
2022/07/30 1 10 (9:00 18:10) 人間文化研究科棟603室
2022/07/31 1 10 (9:00 18:10) 人間文化研究科棟603室
2022/08/06 1 10 (9:00 18:10) 人間文化研究科棟603室

受講条件・その他注意
集中講義3日間のうち、可能であれば3日とも対面で講義を行います。
講義内に数回、実習として作業をしてもらうので、色鉛筆と定規を用意すること。オンライン講義のプリントと実習用レポート用紙はMoodleで配布します。

授業の形態
講義,実習・実技,一部対面授業あり

教科書・参考文献
プリントを配布する。時間内に講義に沿った実習作業も行う。
『デジタル社会の地図の読み方 作り方』若林 芳樹 (著)(ちくまプリマー新書)
『地形図の手引き』(日本地図センター)
『学習指導要領』(文部科学省)

ALH区分
通常授業として実施(11・12限等)

評価方法・評価割合
期末試験=70%,実習成果=15% (創意工夫をした課題作成が行われているか),発表=15% (実習後の次回講義時に指名した数人に自身が作成した地図について発表してもらう)

主題と目標
地図の歴史から科学的な側面まで基本的な内容から実際の利用方法、さらに地図の利活用法について学ぶ。
講義はプリントを配布する。また、講義に関連した実習を数回、行って学習の理解を深める。

授業計画
地図の歴史から科学的な側面まで基本的な内容から実際の利用方法、さらに地図の利活用法について学ぶ。1日5回分×3日=15回分として、集中講義で開講する。
《講義内容》
第1回 地図の概念(地図とは何か?)
第2回 地図の歴史
第3回 地形図と主題図(地図の種類)
第4回 地形図の作成方法と図式
第5回 地図投影法・図法・座標系
第6回 地形図の読図(図上計測、高さ判読など)
第7回 主題図の種類と作成 その1(等値線図の作成)
第8回 主題図の種類と作成 その2(土地利用図の作成)
第9回 旧版地形図を利用した地域変化(戦時改描と総描)
第10回 《AL1》デジタル地図の種類(メッシュマップの作成)
第11回 GISについて(統計地図の作成)
第12回 インターネット上の地図
第13回 これからの地図・測量の世界
第14回 地図の応用的な利用(自分が利用しやすい主題図の作成や地形図の利用)
第15回 《AL2》地図学について(全般の振り返り)

最終日の授業終了後に試験を行う。

時間外学習
講義時に配布したプリント及び実習内容の復習。参考図書による学習

学生へのメッセージ
高校で地理を学んでいなくても大丈夫です。卒業論文などの研究や社会人になった際に利活用できる地図活用の意義や効果的な利用法を学んでもらいます。
講義中に関連した実習を行ってもらいます。例年は数人に発表してもらっていますが、オンライン講義の場合は、講義内で伝えます。難しく考えずに、地図のこんな利用法があったのかと実感できる講義を目指します。
また、例年、行っていた地図を製作・印刷している企業への工場見学は今年度も中止します。

学生の問い合わせ先
メールでお願いします。アドレスはMoodleで確認してください。