地域分析学演習T[22B0449]

科目名
Course Title
地域分析学演習T[22B0449]
SeminarT: Regional Analysis
授業言語
Language
Japanese,English
科目区分・科目種 地理学コース クラス 地理学コース
CCBM キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 24

担当教員 水野 勲
学期 後期
曜日・時限・教室
月曜 3 4 理学部3号館ラウンジ

受講条件・その他注意
特になし

授業の形態
演習,対面授業のみ

教科書・参考文献
使用するテキスト
Gibson-Graham, J.K. et al.2013: Take Back the Economy: An Ethical Guide for Transforming Our Communities. University of Minnesota Press.

ALH区分
通常授業として実施(11・12限等)

評価方法・評価割合
小論文(レポート)=60%(まとめ2回),発表=40%

主題と目標
 経済の概念を広げ、より倫理的なものとするために、2人のフェミニスト経済地理学者J.K.ギブソン&グラハムによるテキストを読み、コミュニティや地球を持続可能とする経済システムについて考えます。経済とは一般に貨幣や市場、競争などの用語で語られますが、資本主義と市場経済と生活経済は、それぞれ関係しながらも別の世界を作っています。経済の概念はもちろん、仕事、商売、市場、財産、金融について、1990年代以降にグローバル資本主義で常識化された考え方を、より広い経済の概念の中に位置づけなおしてみましょう。

授業計画
テキストの各章を数回に分けて読んでいきます。

1.ギブソン&グラハムの「氷山モデル」について
2.経済の枠組みを作り直す(1、2)
3.仕事を取り戻す(1、2、3)
4.商売を取り戻す(1、2、3)
5.市場を取り戻す(1、2、3)
6.まとめ

各回の発表者は、@英文テキストの要約、A用語・概念の補足説明、B企業や活動の事例紹介、に分かれて、テキストを多面的に読んでいきます。@〜Bのパートに関して、事前に疑問点をヒントとしてあげておきますので、それを参考にして発表の準備をしてください。

時間外学習
毎回、英語のテキストの該当箇所を全員が読んできてください。発表者は、テキストに出てきた事例、概念について参考資料を探して、レジュメに追加してください。

学生へのメッセージ
新型コロナ感染が世界のスーパーリッチをさらに富ませ、同時に、貧困に生活する人々をさらに拡大させている状況は、けっして本人の能力や責任の問題ではなく、現在の地球を「当たり前」のようにおおっているグローバルな経済システムの問題です。人類および地球を持続可能にするために、生活、コミュニティ、環境に目を向けた経済を考えていきましょう。

学生の問い合わせ先
水野の公式メールアドレスまで。