環境地理学演習U[22B0452]

科目名
Course Title
環境地理学演習U[22B0452]
SeminarU: Environmental Geography
科目区分・科目種 地理学コース クラス 地理学コース
CCBM キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 4

担当教員 長谷川 直子
学期 前不定期

受講条件・その他注意
環境地理学基礎演習、自然と人間、自然地理学を基本的には履修済みであること

授業の形態
演習,実習・実技,対面授業のみ

教科書・参考文献
扱うテーマによって教科書は異なるので、適宜対応します。

ALH区分
通常授業として実施(11・12限等)

評価方法・評価割合
実習成果=発表時のレジュメを提出します。,発表=発表への取り組みを中心に評価します。,ALH(アクティブ・ラーニング・アワー)=15回分のうち、2回分として成績を計算します。

主題と目標
卒業論文に向けて、各自のテーマに関連する文献と進捗状況の報告・討論、現地調査の報告などを行います。
毎回、レジュメを作成し、そのレジュメに沿って発表をしてもらいます。

授業計画
1 卒業研究とは?進め方とオリエンテーション
2 卒論構想発表へ向けて
3 卒業研究の進捗状況報告(テーマの明確化と先行研究のレビュー)
4 卒業研究の進捗状況報告(テーマの明確化と先行研究のレビュー)
5 卒業研究の進捗状況報告(テーマの明確化と先行研究のレビュー) 
6〜9 卒業研究の進捗状況報告(フィールド調査の準備)
10〜11 卒論中間発表の準備
12 卒論中間発表の反省
13、ALH1、ALH2 夏休みの調査計画

夏休み中に2回分、臨時で補講を開催します。これがALH2回分に相当します。

時間外学習
発表の際、レジュメを使います。レジュメの作成は授業時間外に取ります。また、研究自体を進める時間も授業時間外に取ります。

学生へのメッセージ
自然地理学分野を卒業研究で扱う場合、データを得るための機材の問題などで、できるテーマが限定されるため、事前に相談をしていただくことが望まれます。