日本古典文学論特殊研究(中古)[22B0541]

科目名
Course Title
日本古典文学論特殊研究(中古)[22B0541]
Advanced Seminar: Classical Japanese Literature(the Heian Period)
授業言語
Language
Japanese
科目区分・科目種 日本語・日本文学コース クラス 日本語・日本文学コース
CCBM キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 24

担当教員 松岡 智之
学期 後期
曜日・時限・教室
水曜 3 4 共通講義棟1号館205室

受講条件・その他注意
特になし

授業の形態
講義,対面授業のみ

教科書・参考文献
〔教科書〕指定書籍なし。電子メール添付等の方法で、各回の授業資料を配付する。各自でプリントアウトして持参、あるいは何らかのモバイル機器で見られるようにして出席のこと。
〔参考文献〕
東京国立博物館 [ほか] 編『和様の書』(読売新聞社 NHK NHKプロモーション2013)。田中圭子『薫集類抄の研究』(三弥井書店2012)、濱崎加奈子『香道の美学 その成立と王権・連歌』(思文閣出版2017)。秋山光和『王朝絵画の誕生―『源氏物語絵巻』をめぐって (中公新書 173)』(中央公論社1968)、三田村雅子『Ferris Books (10) 草木のなびき、心の揺らぎ―源氏物語絵巻を読み直す』(フェリス女学院大学2006)、河添房江『源氏物語越境論』(岩波書店2018)、八條忠基『有職文様図鑑』(平凡社2020)。荻美津夫『古代音楽の世界』(高志書店2005)、遠藤徹『雅楽を知る事典』(東京堂出版2013)、豊永聡美『天皇の音楽史 古代・中世の帝王学(歴史文化ライブラリー)』(吉川弘文館2017)、西本香子『古代日本の王権と音楽 古代祭祀の琴から源氏物語の琴へ』(高志書院2018)、松岡心平『宴の身体 バサラから世阿弥へ(岩波現代文庫)』(岩波書店2004)、石井倫子『能・狂言の基礎知識(角川選書)』(角川学芸出版2009)


ALH区分
ALHとして実施

評価方法・評価割合
小論文(レポート)=約80%,ALH(アクティブ・ラーニング・アワー)=約20%

主題と目標
文化史上の『源氏物語』
 日本文化、特に表象文化的な文化史の流れの中で『源氏物語』をとらえ、理解することがこの授業の目標です。『源氏物語』の中の書、香、音楽、『源氏物語』の絵画化、舞台化(能)について扱います。


授業計画
第1回
(10月5日)【1】平安時代の書
第2回
(10月12日)【2】『源氏物語』の中の書―梅枝巻を中心に―
第3回
(10月19日)【3】『源氏物語』の香『源氏物語』の香
第4回
(10月26日)【4】『源氏物語』の中の絵画(1)―帚木巻の雨夜の品定、須磨・明石巻―
第5回
(11月2日)【5】『源氏物語』の中の絵画(2)―絵合巻―
第6回
(11月9日)【6】『源氏物語』の絵画化(1)―徳川五島本(国宝)「源氏物語絵巻」柏木第一段〜第三段―
第7回
(11月16日)【7】『源氏物語』の絵画化(2)―徳川五島本(国宝)「源氏物語絵巻」横笛段、鈴虫第一、二段、夕霧段―
第8回
(11月30日)【8】『源氏物語』の絵画化(3)―徳川五島本(国宝)「源氏物語絵巻」御法段、竹河第一、二段、橋姫段、蓬生段、関屋段―
第9回
(12月7日)【9】『源氏物語』の絵画化(4)―徳川五島本(国宝)「源氏物語絵巻」早蕨段、宿木第一、二、三段、東屋一、二段―
第10回
《ALH1》
西本香子氏制作のYouTube動画を視聴し、要点をまとめ、感想を記す。
西本香子の『うつほ物語』講座6 古代日本の音楽(1)
西本香子の『うつほ物語』講座7 古代日本の音楽(2)
西本香子の『うつほ物語』講座8 古代日本の音楽(3)
西本香子の『うつほ物語』講座9 古代日本の音楽(4)
西本香子の『うつほ物語』講座10 古代日本の音楽(5)
第11回
(12月14日)【10】『源氏物語』の音楽(1)―雅楽の基礎、歴史、物語の舞楽場面―
第12回
(12月21日)【11】『源氏物語』の音楽(2)―雅楽の調子と拍子、物語の舞楽場面(続)、物語の器楽場面―
第13回
《ALH2》
 次のYou Tube 動画を視聴し、自分なりに〈見所〉と思われる点を整理する
☆Minakata Kunio「能 葵上 Nō Aoinoue (Full Japanese Noh play "Lady Aoi")
2019/01/21 (https://www.youtube.com/watch?v=Euq03OKDhF8)
第14回
(1月11日)【12】源氏能の世界(1)―謡曲「半蔀」―
第15回
(1月18日)【13】源氏能の世界(2)―謡曲「葵上」―

時間外学習
予習として、「書」「香」「日本の絵画」「源氏物語絵巻」「雅楽」「能」について、事典類を活用して概要をまとめる。授業各回の復習。授業時に紹介する参考文献を入手して読み、要点をまとめる。学期末レポートを作成する。

学生へのメッセージ
出席状況を点数化して成績に反映させることはありませんが、出欠は確認します。甚だしく欠席が多い受講者は、成績評価の対象としない場合があります。