英文学史U[22B0650]

科目名
Course Title
英文学史U[22B0650]
History of English Literature2
授業言語
Language
Japanese
科目区分・科目種 英語圏言語文化コース クラス 英語圏言語文化コース
CCBM キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 2

担当教員 高桑 晴子
学期 後期
曜日・時限・教室
木曜 1 2 共通講義棟1号館102室

授業の形態
講義,演習,対面授業のみ

教科書・参考文献
John Peck and Martin Coyle, _A Brief History of English Literature_, 2nd ed. (Palgrave Macmillan, 2013) ( 英文学史I(1)(2)の続き)
その他にプリントを使用(Moodleに掲載)。
また、課題図書(授業内で告知)は各自で入手することとする。

ALH区分
ALHとして実施

評価方法・評価割合
その他=30(オンライン試験),授業への参加態度=45(小テスト・課題を含む),ALH(アクティブ・ラーニング・アワー)=25(ブックレポート)

主題と目標
The class overviews the history of English literature from the late eighteenth century to the contemporary period. We will look at the works of the important writers and their historical background, using excerpts from novels, poems and dramas.
18世紀後半の小説から現代英語圏文学までの流れを、小説、詩、演劇の各ジャンルの代表的作品に英語原文で触れながら概観する。文学史の基本的知識を身に付け、各時代の代表的文学作品の特徴とその社会的・文化的背景と英語文学の広がりを理解することが目標となる。

授業計画
第1回:Orientation
第2回:Late 18th-Century to Early 19th-Century Novels and Prose
(18世紀後半から19世紀初頭の小説と散文)
第3回:Early Victorian Novels: from Dickens to Gaskell
(ヴィクトリア朝の前期の小説―ディケンズからギャスケルまで)
第4回:Early Victorian Poetry, Victorian Thoughts and George Eliot 
    (ヴィクトリア朝の前期の詩、ヴィクトリア朝期の思想とジョージ・エリオット)
第5回:From Sensation Novels to Thomas Hardy
(センセーション小説からトマス・ハーディまで)
第6回:_Fin-de-siecle_, Late Victorian Poetry and Drama
    (世紀末の小説、ヴィクトリア朝後期の詩と演劇)
第7回:Early 20th-Century Novels: From Conrad to Lawrence
(20世紀初頭の小説―コンラッドからロレンスまで)
第8回:Early 20th-Century Poetry: From W.B. Yeats to T.S. Eliot
    (20世紀初頭の詩―イェイツからエリオットまで)
第9回:James Joyce, Virginia Woolf and Literature of the 1930s 
(ジョイス、ウルフと1930年代の文学)
第10回:WWII and Post-War Britain, Late 20th-Century Drama
(第二次大戦と戦後のイギリス、20世紀後半の演劇)
第11回:Late 20th-Century Novels and Poetry
(20世紀後半の小説と詩)
第12回:Review(総括)(ALH)
   リストにある19-20世紀の小説の中から1冊選び、ブックレポートを作成
第13回:21st-Century Poetry and Drama
(21世紀の詩と演劇)
第14回:21st-Century Novels
(21世紀の小説)
第15回:Current Trends of Anglophone Literature(試験・補講期間に実施)
(英語文学の現在)

時間外学習
Students are expected to read the textbook in attending the class. They are also to prepare a book report and analyse the passages given out in class at home.
教科書を必ず予習したうえで出席すること。自宅でのブックレポートの準備、抜粋の分析の課題が課される。
(詳細はMoodleおよび授業で告知)

学生へのメッセージ
Students are encouraged to read as many literary texts as possible and are expected to participate in the class actively.
実際の英文に触れる機会とするため、積極的な予習、自習、授業参加を期待する。

学生の問い合わせ先
takakuwa.haruko[at]ocha.ac.jp ([at]を@に変えること)
文教1号館4階407研究室 (オフィスアワー:木曜日12時30分〜13時30分)