仏語圏言語文化実習T[22B0928]

科目名
Course Title
仏語圏言語文化実習T[22B0928]
Practice in French Language and CultureT
授業言語
Language
French
科目区分・科目種 仏語圏言語文化コース クラス 仏語圏言語文化コース
CCBM キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 14

担当教員 小松 祐子
学期 通不定期

受講条件・その他注意
海外研修プログラム(4週間、費用負担あり)への参加を前提とした科目です。
*状況によりオンライン研修となる可能性があります。
*詳しい参加条件については、仏語圏コースから案内がありますので、連絡に注意してください。

授業の形態
演習

教科書・参考文献
開講時に指示します。

ALH区分
ALHとして実施

評価方法・評価割合
実習成果,発表=成果発表,その他=事前学習

主題と目標
フランスの大学附属語学学校における4週間の語学研修プログラムに参加し、フランス語と現地文化について学ぶ。現地生活を体験しながら、実践的なフランス語能力と現地文化の理解、コミュニケーション能力・異文化適応能力の向上を目指す。

授業計画
(1)履修説明会
(2)事前学習
(3)現地プログラム:
事前にオンラインのプレイスメントテストを実施し、クラス分けを行う。週25時間(月〜金)の授業と文化アクティビティに参加する。
(4)成果報告会

詳しい日程については後日掲示する。

                                                                                            

時間外学習
渡航前にできる限りフランス語の基礎力をつけて研修に臨むこと。現地で受講する授業の予習復習を欠かさず行うこと。

学生へのメッセージ
現地での研修は、実践的なフランス語力をつけるために最良の方法であるだけでなく、フランスの日常生活と文化を体験することに大きな意義があります。意欲的に研修に臨むならば、必ずやフランス語とその文化の魅力を存分に味わうことができるでしょう。将来にわたりフランス語学習を継続するためのモティベーションの源となる経験となることが期待されます

学生の問い合わせ先
仏語圏コース室(共3-407室)