教育科学研究指導U[22B1109]

科目名
Course Title
教育科学研究指導U[22B1109]
Tutorial Course in Educational Science 2
授業言語
Language
Japanese
科目区分・科目種 教育科学コース クラス 教育科学コース
CCBM キャリアデザイン  
単位数 1.0単位 履修年次 4

担当教員 池田 全之
教育全教員
学期 通不定期

受講条件・その他注意
教育科学コースに在籍する4年生の必修科目である。

授業の形態
演習,対面授業のみ

教科書・参考文献
教科書・参考書などは特に定めない。

ALH区分
通常授業として実施(11・12限等)

評価方法・評価割合
発表=100% 出席と発表が必須

主題と目標
4年次生を対象に、卒業論文作成に向けて基本的技法の習得を目指す。具体的には、テーマ設定、資料収集とその読み、そしてそれを論理的に論文化していく手続きを指導する。教育科学コース必修科目である。

授業計画
学生による卒業論文の構想発表、それに対するコメント・指導・意見交換という形で進められる。スケジュールの詳細に関しては年度当初に開催するガイダンスにおいて別途指示する。ガイダンス開催日程等については教育科学助手室の掲示版等で履修者に周知する。

4月または5月:希望する指導教員名を含めた形でのレジュメを構想発表会において発表してもらう。
10月:卒業論文の作成状況をレジュメにまとめてもらい発表してもらう。
2月:3年生と4年生をまえに、各領域の優れた卒業論文について(4〜5名程度)、卒業論文の内容と執筆にあたって工夫した点などを発表してもらう。

時間外学習
春と秋の発表と最後の卒業論文の作成に向けて日頃から調査研究を精力的に進めること。

学生へのメッセージ
大学生活の成果の総仕上げが卒業論文である。本研究指導Uの受講を通じて、論文を仕上げることの意味とそのための作法を今一度確認し、質の高い優れた卒業論文の完成を目指してほしい。