舞踊創作法実習(舞踊上演・制作)[22B1520]

科目名
Course Title
舞踊創作法実習(舞踊上演・制作)[22B1520]
Creative Dance(Performance and Production)
授業言語
Language
Japanese
科目区分・科目種 舞踊教育学コース クラス 舞踊教育学コース
CCBM キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 3

担当教員 福本 まあや
学期 後期
曜日・時限・教室
金曜 7 8 体育館1F

受講条件・その他注意
単位習得には定期公演のための作品の創作と上演が必要となる。授業は、定期的に行う場合と、不定期に行う中間発表などに置き換えられる場合があるので、常に予定を確認しながら受講するように。

授業の形態
演習,実習・実技,対面授業のみ

教科書・参考文献
ハウザー&ライシ著『演出についての覚え書き』フィルムアート社を第3週までに購入して持参すること。
その他作品参考映像:舞踊助手室にある過去の定期公演記録DVD、神戸コンクールDVD等。
必要に応じて作品創作や公演制作に関わる資料を提示する。

ALH区分
ALHとして実施

評価方法・評価割合
実習成果=20%,発表=30%,授業への参加態度=40%,ALH(アクティブ・ラーニング・アワー)=10%

主題と目標
舞踊上演に関する諸演出(音楽・美術・照明)と舞台制作について実習し、舞台での作品上演を行う。授業の前半は、1,2年で学習した即興、構成と課題などの復習を行い、その後実際の作品創作に取りかかる。創作のプロセスにおいて、リーダーシップを発揮しているか、意見を出しあっているかなどの授業態度により評価を行う。クラス内発表において、ディスカッションを行い、舞台上演に向けた課題を導き出す。

授業計画
第1回
ガイダンス/公演にむけての分担を確認
第2回
公演制作の進め方/前年度の担当者より作業内容の説明を受ける
第3回
公演制作の進め方/企画書の作成法と予算の立て方
第4回
振付の次元と上演の次元〜ルールのスコアを用いた即興上演1
第5回
振付の次元と上演の次元〜言葉のスコアを用いた即興上演2/制作進捗状況の共有
第6回
小作品構想のプレゼンテーションにむけて(ALH)
第7回
群の動きの振付法と表現の洗練について1
第8回
群の動きの振付法と表現の洗練について2/制作進捗状況の共有
第9回
小作品構想のプレゼンテーションとシェアリング
第10回
定期公演の全体計画の共有
第11回
作品の洗練と情報収集の方法/制作進捗状況の共有
第12回
群舞作品の創作@
第13回
群舞作品の創作A
第14回
群舞作品の中間発表/制作進捗状況の共有
第15回
群舞作品の創作と洗練(ALH)

時間外学習
通常の授業時間外にリハーサルや研修、衣装縫製や装置制作を行うことになります。第4回から12回までの授業では授業の振返りレポートをまとめ提出する場合があります。小作品の創作のために、各自の思索、調査、探求、計画、試行、記録映像による振り返りと修正が必要となります。

学生へのメッセージ
公演の企画制作のプロセスでは多くの話し合いと連絡や報告、調整が必要となります。自らの目的意識を明確にしながら、ポジティブな姿勢で取り組んでください。

学生の問い合わせ先
メールでアポイントの上、オンラインまたは研究室にて。