上級仏会話演習T[22B6704]

科目名
Course Title
上級仏会話演習T[22B6704]
French ConversationT
授業言語
Language
French
科目区分・科目種 仏語圏言語文化コース クラス 仏語圏言語文化コース
CCBM キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 34

担当教員 ベルアド クリス
学期 前期
曜日・時限・教室
火曜 3 4 共3-209【5講】

授業の形態
演習,対面授業のみ

教科書・参考文献
授業中に資料を配布する。

ALH区分
ALHとして実施

評価方法・評価割合
口頭試問=60%,授業への参加態度=平常点(出席、宿題、授業内発表、ALH)40%

主題と目標
この授業では、コミュニケーション能力を伸ばすことを目標としていて、聴解と口頭表現を中心に力を入れます。また、フランス語能力の向上に加えて、フランス語圏の国々の社会と文化について学び、比較などを通して、異文化理解能力を養成します。
教科書を使用せず、様々な資料(新聞記事の抜粋、音声資料、映像資料)を元に学びます。
なお、2021年度とは内容が異なりますので、既受講者の再受講も歓迎します。

授業計画
1テーマにつき、3回分の授業時間を使います。1回目では、テーマに関する音声・映像に基づいた聞き取り問題を行います。2回目では、音声などの書き起こし(transcription)の読解を行い、テーマに関する単語や表現を学習し、練習問題を解きます。3回目では、テーマに関する発表やロールプレイなどを行います。

フランス語圏の現代文化に触れるために、フランス、カナダ(ケベック)やベルギーなどのメディアを使用します。

ALH:フランス国際放送局TV5 Mondeが無料で提供するオンラインの練習問題(B1-B2)に挑戦します。

時間外学習
予習(資料を事前に読む・視聴する)、宿題(読解問題や口頭発表の準備など)、復習

学生へのメッセージ
1) 外国語学習は学生が主役です。授業中の作業にも、予習と宿題にも積極的に取り組めば、必ず上達します。
2) ミスを恐れず、フランス語で様々なことを表現してみてください。
3) 遠慮せず、教員に様々な質問をしてください。