心理学基礎実験演習T(2)[16B7524]

科目名
Course Title
心理学基礎実験演習T(2)[16B7524]
Experimental Psychology(Basic)T(2)
科目区分・科目種 心理学コース クラス 心理学コース
CCBM キャリアデザイン  
単位数 1.0単位 履修年次 2

担当教員 心理学コース全教員
上原 泉
石口 彰
菅原 ますみ
坂元 章
大森 美香
学期 2学期
曜日・時限・教室
月曜 5 6 文教育学部1号館201室

(1)、(2)が付く科目の履修方法
この科目は、(1)及び(2)を連続して履修してください(シラバスは両方とも確認してください)。
ただし留学により連続して履修できない場合は、担当教員に申し出てください。

受講条件・その他注意
受講者は、心理学コースの学生に限る。レポートは、提出期限に遅れないようにすること。開講時間を越えた実習が課されることが多い。

授業の形態
講義,実験,実習・実技

教科書・参考文献
授業時に、各実験種目の資料を配布する。

評価方法・評価割合
小論文(レポート)=80,授業への参加態度=20

主題と目標
教育心理学、社会心理学、発達心理学、臨床心理学、認知心理学における心理測定・実験・調査の基本技術の習得を目的とする。3,4個程度の種目それぞれについて、心理検査・実験・調査の実習を行う。各種目において、受講者それぞれが実験者や被験者の立場をとりながらデータを収集し、実験レポートをまとめる。

授業計画
第1回
性格検査の概観と分類
第2回
性格検査の実習とレポート課題
第3回
知能検査の概観と器具の使用法
第4回
知能検査の実施に向けた予備演習と、分析法
第5回
ストループ現象の実験実習と課題作成法
第6回
ストループ現象の実験データの分析法とレポート課題
第7回
知能検査の実践演習とレポート課題
第8回
まとめと総括

時間外学習
レポート作成には、時間外の学習が必要です。

学生へのメッセージ
さまざまな実験や心理検査を実習しながら、心理学実験の基礎を学びます。受講者が、実験者と研究参加者(被験者)の役割をとりながらデータを収集し、分析結果をレポートにまとめることを学習します。

学生の問い合わせ先
オフィスアワーは水曜日のお昼です。