家族社会学演習U[16D0726]

科目名
Course Title
家族社会学演習U[16D0726]
Seminar on Family SociologyU
科目区分・科目種 生活社会科学講座 クラス 生活社会科学講座
CCBM キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 3

担当教員 石井クンツ 昌子
学期 後期
曜日・時限・教室
火曜 7 8 生活科学部本館318室

受講条件・その他注意
第一ゼミ生、第二ゼミ生として石井研究室に入ることを認められた学生のみ受講可

授業の形態
演習

主題と目標
日米における家族社会学の研究を講読し現代の家族と家族関係、更に社会の中で変動する家族について学ぶ。ゼミの中で扱われるトピックは夫婦関係、親子関係、きょうだい関係、育児や家事を含む母親と父親の役割、家庭内性別役割分担、子どもの発達、親の介護などである。これらの文献研究から学んだことをもとにして参加者は自身の研究の問題設定、調査の手順計画、データの収集及び分析をしながら社会学研究を行い、ハイクオリティの卒業論文を仕上げることを最終的な目標とする。

授業計画
4年生の主な目標
1. 卒業論文の文献研究を更に進める
2. 卒業論文の調査法の具体化
3. 卒業論文研究のためのデータ収集・分析
4. 卒業論文の執筆
5. 卒業論文最終発表会(PP使用、レジュメ用意)
3年生の主な目標
1. 卒業論文の課題決定(研究の意義と目的を明確にする)
2. 卒業論文の文献研究(理論と仮説を設定する)
3. 卒業論文研究の調査法の計画
4. 卒業論文中間報告会(PP使用、レジュメ用意)

学生へのメッセージ
石井ゼミ生は今年も(or 今年から)研究意欲を持ち、卒業論文研究を仕上げます(or 進ませます)。4年生はデータ収集や卒論執筆という重要な課題があります。3年生は卒論の研究課題設定や文献研究などがあります。今年も皆さんの活発な意見の交換を期待します。4年生と3年生が半々ですのでお互いの交流・親睦をはかり、色々な意味で建設的な卒論研究の経験をすることができるように努力していきましょう! 本年度のゼミの内容、全体的な目標、学年別の目標、詳細なスケジュールなどはゼミ初日に配布しますシラバスを用いて説明します。