生命情報学演習[19K3129]

科目名
Course Title
生命情報学演習[19K3129]
Practice on Bioinformatics
授業言語
Language
Japanese,English
科目区分・科目種 生命科学コース クラス ライフ
CCBM   キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 12

担当教員 由良 敬
学期 前期
曜日・時限・教室
木曜 7 8 共通講義棟1号館106室

受講条件・その他注意
演習時間中にPythonまたはRのプログラムを作成するので、PythonまたはRを使えることを前提とする。第1回目の演習時間に簡単な復習は行う。なお、演習の進行は、受講者の理解度に応じて変更する場合がある。毎回の講義は、受講者が発表する形式で実施する。誰が発表をするかは、各回の最初にpythonのプログラム(乱数)によって決定する。

授業の形態
講義,演習

教科書・参考文献
「共分散構造分析」豊田秀樹

評価方法・評価割合
小論文(レポート)=70%,発表=20%,授業への参加態度=10%

主題と目標
各自のノートPC(持ち込み)を利用して、生命現象のデータから共分散構造を見いだす技術を習得する。「共分散構造分析(豊田秀樹)」を演習書として、PythonまたはRを用いて、生物データの統計的解析方法を演習する。なお、演習の進行は、受講者の理解度に応じて変更する。

授業計画
第1回
4月11日
15:00〜16:30 単変量データ ー平均と分散ー
第2回
4月18日
15:00〜16:30 多変量データ ー共分散と相関係数ー
第3回
4月25日
15:00〜16:30 回帰分析
第4回
5月09日
15:00〜16:30 潜在変数と測定方程式
第5回
5月16日
15:00〜16:30 観測変数と構造方程式
第6回
5月23日
15:00〜16:30 構造方程式モデル
第7回
5月30日
15:00〜16:30 母数の推定1
第8回
6月06日
15:00〜16:30 母数の推定2
第9回
6月13日
15:00〜16:30 因果モデルの構成
第10回
6月20日
15:00〜16:30 モデルの評価
第11回
6月27日
15:00〜16:30 モデルの解釈
第12回
7月04日
15:00〜16:30 順序尺度データの扱い
第13回
7月11日
15:00〜16:30 平均・共分散構造分析
第14回
7月18日
15:00〜16:30 多量集団比較
第15回
7月25日
15:00〜16:30 予備日

時間外学習
PythonまたはRによるプログラムの技術そのものは、本授業中には扱わないので、各自が時間外に鍛錬しておくこと。

学生へのメッセージ
統計およびプログラミングの技術をもっていることは、就職を含め、いろいろな局面で有利にはたらくので、ぜひとも身につけてもらいたい。論理的な思考力と問題を分解して考える能力は、ありとあらゆる場面で必要である。