データサイエンス特論[19S0269]

科目名
Course Title
データサイエンス特論[19S0269]
Data Science
授業言語
Language
Japanese
科目区分・科目種 共通科目(前期課程) クラス 博士課程共通
CCBM   キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 13

担当教員 由良 敬
学期 後集中
日程・時限・教室
2019/10/12 5 10 (13:20 18:10) 共通講義棟1号館106室
2019/10/26 5 10 (13:20 18:10) 共通講義棟1号館106室
2019/11/02 5 10 (13:20 18:10) 共通講義棟1号館106室
2019/11/16 5 10 (13:20 18:10) 共通講義棟1号館106室
2019/12/07 5 10 (13:20 18:10) 共通講義棟1号館106室

受講条件・その他注意
土曜日に集中講義を実施する。演習形式の講義であるため講義への出席が必須である。各自PCを持参すること。

授業の形態
講義,演習

教科書・参考文献
「Rによる統計的学習入門」 by G. James, D. Witten, T.Hastie, R.Tibshirani
https://www.r-project.org/

評価方法・評価割合
小論文(レポート)=30%,実習成果=30%,授業への参加態度=40%

主題と目標
データサイエンスの理解は現在の科学には必要不可欠になってきた。本講義では実社会での統計データがどのように活用解析されているのかをみることを通してデータサイエンスの基礎を学ぶ。データサイエンスを理解する上で必要となる統計的学習法を実際にデータ解析することで習得する。統計学の基礎的な理解とデータ解析演習を通してデータサイエンスの基本手法を習得することを目標とする。土曜日に集中講義を実施する。演習形式の講義であるため講義への出席が必須である。各自PCを持参すること。

授業計画
以下の予定で進行するが、様子を見ながら適宜、進行状況を変更する。

第01回 10月12日(土)13時20分〜14時50分 統計的学習
第02回 10月12日(土)15時00分〜16時30分 線形回帰
第03回 10月12日(土)16時40分〜18時10分 Rを用いたデータサイエンス演習
第04回 10月26日(土)13時20分〜14時50分 分類
第05回 10月26日(土)15時00分〜16時30分 リサンプリング法
第06回 10月26日(土)16時40分〜18時10分 Rを用いたデータサイエンス演習
第07回 11月02日(土)13時20分〜14時50分 線形モデル選択の正則化
第08回 11月02日(土)15時00分〜16時30分 Rを用いたデータサイエンス演習
第09回 11月02日(土)16時40分〜18時10分 Rを用いたデータサイエンス演習
第10回 11月16日(土)13時20分〜14時50分 線形を超えて
第11回 11月16日(土)15時00分〜16時30分 木に基づく方法
第12回 11月16日(土)16時40分〜18時10分 Rを用いたデータサイエンス演習
第13回 12月07日(土)13時20分〜14時50分 サポートベクターマシン
第14回 12月07日(土)15時00分〜16時30分 教師なし学習
第15回 12月07日(土)16時40分〜18時10分 Rを用いたデータサイエンス演習

時間外学習
時間外には、積極的にRを用いて、様々な計算に挑戦してもらいたい。そのようにすることで、ソフトウエアの使い方に慣れるとともに、統計の具体的な意味が理解できるようになる。

学生へのメッセージ
各自のPC持参で授業に臨むこと。積極的にRを用いて自ら計算を実行してもらいたい。そのようにすることで、ソフトウエアの使い方に慣れるとともに、統計の具体的な意味が理解できるようになる。

学生の問い合わせ先
時間外には、積極的にRを用いて、様々な計算に挑戦してもらいたい。そのようにすることで、ソフトウエアの使い方に慣れるとともに、統計の具体的な意味が理解できるようになる。