こころの科学:研究と実践(心理学研究法)[20D6002]

科目名
Course Title
こころの科学:研究と実践(心理学研究法)[20D6002]
Research Methods in Psychology
授業言語
Language
Japanese
科目区分・科目種 心理学科 クラス 心理学科
CCBM キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 1

担当教員 篁 倫子
岩壁 茂
石丸 径一郎
石口 彰
菅原 ますみ
坂元 章
大森 美香
上原 泉
今泉 修
高橋 哲
学期 後期
曜日・時限・教室
月曜 7 8 共通講義棟2号館102室

受講条件・その他注意
心理学科主プログラムの1年生用必修科目である。2018年度以降入学の学生のみ履修できるので、注意すること。
公認心理師カリキュラムの基礎科目の1つ(心理学研究法)である。

授業の形態
講義,一部対面授業あり

教科書・参考文献
教科書・参考文献等は第1回のガイダンス及び各授業で紹介される。

評価方法・評価割合
期末試験=40%,中間試験=40%,その他=20%(予習課題)

主題と目標
心理学におけるデータ収集の手続き(実験法、調査法、面接法、観察法)、分析の手続き(量的研究、質的研究)について概観する。また研究を行う上で、どのような倫理的配慮が必要であるかを理解する。

授業計画
順番や内容は、変更もあり得る。原則としてオンライン授業だが、10/19、11/16、12/21の3回は対面授業を予定している。対面授業に出席できない人には代替措置をとるので、あらかじめ教員に申し出てください。

第1回 ガイダンス・心理学における研究と実践
第2回 ALH(予習課題に関する文献調査)
第3回 認知心理学研究方法入門
第4回 発達心理学研究方法入門
第5回 社会心理学研究方法入門
第6回 健康心理学研究方法入門
第7回 パーソナリティ心理学研究方法入門
第8回 神経生理学的研究方法入門
第9回 ALH(予習課題に関する文献調査)
第10回 障害臨床学実践方法入門
第11回 心理療法研究実践方法入門
第12回 ジェンダー心理学実践方法入門
第13回 犯罪心理学研究実践方法入門
第14回 ゲストスピーカー又はまとめ
第15回 ゲストスピーカー又はまとめ

時間外学習
初回のガイダンス時に、各回の予習課題を配布するので、ALHおよび時間外に解答を準備し、該当する授業時に、提出すること。

学生へのメッセージ
授業は講義形式で進めるが、心理学が科学の一分野であることを理解するためには、教員と学生との双方向での意見交換が重要である。常に「なぜ?」、「だからどうした?」といった素朴な疑問を持って、それを教員にぶつけてほしい。さらに、心理学の諸領域の基礎的知見や考え方を学ぶことにより、学問的俯瞰能力を習得するためには、各回の予習課題に真摯に取り組むこと。