体育原理[22B1511]

科目名
Course Title
体育原理[22B1511]
Principles of Physical Education
授業言語
Language
Japanese
科目区分・科目種 舞踊教育学コース クラス 舞踊教育学コース
CCBM キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 2

担当教員 新名 謙二
学期 前期
曜日・時限・教室
金曜 1 2 文教育学部2号館216室

受講条件・その他注意
舞踊教育学コース2年次の必修科目です。

授業の形態
講義,演習,対面授業のみ

教科書・参考文献
友添・岡出編著(2016)『新版 教養としての体育原理』大修館書店
中村・高橋編著(1987)『体育原理講義』大修館書店(参考書)

ALH区分
ALHとして実施

評価方法・評価割合
小論文(レポート)=ALHと合わせて40%,その他=60%(授業中の課題への回答),ALH(アクティブ・ラーニング・アワー)=ALHと合わせて40%

主題と目標
受講者は「体育とは何か」、「体育の意義とは何か」といった、体育に関する根源的な問いに対して深く考察することによって理解を深めることを目指します。また、教職必修科目であることから、体育教師が知っておくべき基本的概念について理解し習熟することも目指します。理解を深めるために、毎回の授業でその回のテーマについて小レポートを課します。

授業計画
授業で使用する資料配布やレポート提出はMoodleを用いて行います。
ガイダンス
体育原理で何を学ぶのか
体育とスポーツは何が違うのか
体育における人間形成
体育とフェアプレイ
体育と身体形成
体育で競争をどのように位置づけるか
プレイが生み出す体育の可能性
技術指導からみた体育
体育と指導者
子どもからみた体育の存在意義
スポーツとグローバリゼーション・スポーツとジェンダー
レポート提出・討論
ALH 次の二つの課題について第2週〜第12週の間に学習を進めてください。
課題1「自らがこれまで中学校または高校で受けてきた体育の授業を一学年分取り上げ、授業で学んだ(学ぶ)ことを手がかりにして批判的に検討しなさい。」
課題2「新聞や雑誌記事に取り上げられた体育の授業、運動部活動、体育教師に関する事件を一つ取り上げ、授業で学んだ(学ぶ)ことを手がかりにして論じなさい。」
7/22にALHで学んだことについてレポートを提出し、レポート内容に基づいて討論を行います。

時間外学習
受講者は事前に教科書の授業で取り扱う部分を必ず読み、わかる点とわからない点を明確にしておいて下さい。

学生へのメッセージ
体育やスポーツに関する情報は日常生活の中にあふれています。それらの情報に接したときに、改めて意味を問い直す習慣を身につけて下さい。
問・相談等は原則として木・金曜日の12:15〜12:45(E-mailでの質問を歓迎します)

学生の問い合わせ先
E-mail:nina.kenji@ocha.ac.jp