基礎物理学実験(1)[22C2141]

科目名
Course Title
基礎物理学実験(1)[22C2141]
Elementary Physics Experiments (1)
授業言語
Language
Japanese
科目区分・科目種 物理学科 クラス 物理学科
CCBM キャリアデザイン  
単位数 1.0単位 履修年次 2

担当教員 古川 はづき
梅原 利宏
小野 督幸
学期 3学期
曜日・時限・教室
火曜 5 6 共3-508【第2物理学実験室】
火曜 7 8 共3-508【第2物理学実験室】

(1)、(2)が付く科目の履修方法
この科目は、(1)及び(2)を連続して履修してください(シラバスは両方とも確認してください)。
ただし留学により連続して履修できない場合は、担当教員に申し出てください。

授業の形態
実験,実習・実技,対面授業のみ

教科書・参考文献
最初の授業(ガイダンス)の時に、プリントを配ります。

ALH区分
ALHとして実施

評価方法・評価割合
小論文(レポート)=100%  (実験の授業なので、出席が成績に直結します)

主題と目標
テスター、オシロスコープの操作をはじめとして、物理の初等的な実験装置を自分の手で取り扱うことで、基本的な物理量の測定を行う。この過程で、力学、電磁気学、電気回路、熱力学、物性論等に係わる基礎的な物理量を測定する実験を体験させ、物理的実験手法・基礎的な実験技術の習熟を図る。さらに、得られた測定結果の解析と考察を通じて、実験内容の理解と物理的な思考力を養う訓練を行う。

授業計画
全員が同じ実験項目(測定値の取扱い、テスターの製作と使用法、オシロスコープ、直流電源回路ほか)の実験を一斉に行う。ここでは、各実験項目の共通の基盤となる測定値の取り扱いや最小二乗法、グラフの活用法を、ノギス・テスター・オシロスコープの使用法と合わせて学習する。

本授業で習得した技法や知識を引き続き開講する基礎物理学実験(2)で使うためしっかりと学ぶ事。特にデータの取り扱いで学ぶ誤差論・統計的処理については本授業以外でも使う事になるためしっかりと学ぶ事。

加えて、
アクティブ・ラーニング・アワー (ALH) 1回:学期中に物理学科が主宰する「教室談話会」に1度参加し、そのレポートを作成すること。

時間外学習
実験前までに配布されたプリントを読んで目的を知り原理をよく理解し、また、測定方法を把握して必要な項目は実験ノートにまとめておくこと。実験後は、実験ノート等を参照しながらレポートを作成すること。レポートは実験翌週の授業時間の最初に提出します。

学生へのメッセージ
履修する可能性のある学生は必ず初日に行われるガイダンスに出席すること。
成績は提出されたレポートの評価を元につけます。その際、実験の目的を理解し、正しく測定・解析できているか、実験精度をあげるためどんな工夫を施したか、得られた結果に対する考察ができているかを採点対象とします。体験重視の科目であるから、欠席者はレポートが提出できず評価に大きく影響します。欠席が3回以上になると単位の取得がかなり難しくなります。又、レポート提出の遅れも減点対象となります。