基礎エレクトロニクス(1)[22C2201]

科目名
Course Title
基礎エレクトロニクス(1)[22C2201]
Elementary Electronics (1)
授業言語
Language
Japanese
科目区分・科目種 物理学科 クラス 物理学科
CCBM キャリアデザイン  
単位数 1.0単位 履修年次 3

担当教員 左右田 稔
学期 3学期
曜日・時限・教室
月曜 3 4 理学部1号館207室

(1)、(2)が付く科目の履修方法
この科目は、(1)又は(2)を独立した科目として履修することができます。

受講条件・その他注意
なし

授業の形態
講義,実施方法検討中

教科書・参考文献
教科書は使用しない。必要に応じて参考書等を紹介する。

ALH区分
ALHとして実施

評価方法・評価割合
小論文(レポート)=50%,授業への参加態度=45%,ALH(アクティブ・ラーニング・アワー)=5%

主題と目標
様々な分野で使われているエレクトロニクス技術を、電磁気学や固体物理学を用いて理解する。半導体やコンデンサ等の科学的基礎、さらにそれらがどのように使用されているか知ることを目標とする。

授業計画
主要なテーマは以下の通りです。
基礎エレクトロニクス(1)では下記の内容の前半を講義する。
(1) 電子の運動
(2) 金属・絶縁体・半導体とエネルギーバンド
(3) 光電効果・熱電効果・ホール効果
(4) n型p型半導体・ダイオード・トランジスタ
(5) 誘電体とコンデンサ
(6) 電気回路の基礎(時間・周波数応答)
(7) 増幅回路・発振回路
(8) 電源回路・パルス回路
(9) ディジタル回路
(10) 電子制御回路
(11) 通信・計測
アクティブ・ラーニング・アワー (ALH); 学期中に物理学科が主宰する「教室談話会」に参加し、レポートを作成する。

時間外学習
特に予習する必要はありませんが、授業内容をなるべく復習し授業に出席すること。

学生へのメッセージ
身の回りにあるエレクトロニクスやそれらに使用されている材料に興味をもち、エレクトロニクスの基礎的な原理を理解する良いきっかけになればいいと考えます。
アクティブ・ラーニング・アワー (ALH); 学期中に物理学科が主宰する「教室談話会」に参加し、レポートを作成する。