分析化学実験[22D1024]

科目名
Course Title
分析化学実験[22D1024]
Experimental Studies of Analytical Chemistry
授業言語
Language
Japanese
科目区分・科目種 食物栄養学科 クラス 食物栄養学科
カラーコード キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 2

担当教員 森光 康次郎
小林 正樹
学期 後集中

受講条件・その他注意
食物栄養学専修プログラム(必修)
食物栄養学科の学生対象。
2年後期に開講されている「分析化学」を忘れずに同時受講すること。
平成28年度以降の入学者はこちらの授業コードで履修登録すること。

授業の形態
実験,対面授業のみ

教科書・参考文献
・森光・新藤編著「図解 食品学実験」(アイケイコーポレーション)
 ISBN 978-4874923528
・食物栄養学科教官編「学生実験テキスト」を、初めの時間に実費配布する。

ALH区分
通常授業として実施(11・12限等)

評価方法・評価割合
小論文(レポート)=70%,授業への参加態度=30%

主題と目標
身近な食品などを題材とし、化学の基礎となる実験を行う。化学実験(主に分析化学)に習熟するとともに実験化学的なアプローチ法、化学理論と実験の関係を理解する。

授業計画
本実験で履修する実験項目:

1 ガラス器具の取り扱い方

2 重量分析
     水分、灰分、脂質の定量

3 クロマトグラフィー
     カラムクロマトグラフィーと薄層クロマトグラフィー(色と香りを分けてみる)
   
4 容量分析
     中和滴定、pHの測定、食品の酸度測定

5 比色分析およびタンパク質、糖質の定量
 1回目 ガイダンス  講義「安全に実験するために」
 2回目 ケルダール法によるタンパク質の定量 「シュウ酸標準液および水酸化ナトリウム溶液の調製」
 3回目 ケルダール法によるタンパク質の定量 「ケルダール分解装置の設置および試料分解」
 4回目 ケルダール法によるタンパク質の定量 「水酸化ナトリウム溶液の力価測定」
 5回目 ケルダール法によるタンパク質の定量 「分解溶液の蒸留および滴定」 
 6回目 比色定量法の基礎
 7回目 ゲノムDNAの抽出
 8回目 まとめ 

時間外学習
実験を安全に、間違いなく行うために、予習を十分に行ってください。
実験内容を前半と後半に分けてレポート課題の提出が必要であるため、実験期間中に実験結果をまとめながら進めることが望まれます。
また、ケルダール分解は窒素量からタンパク質量を推定する方法です。普段の生活の中で、窒素量が多い物質にどんなものがあるか考えてみましょう。
本実験で習う以外の物質についても、どのような方法が用いられているのか調べてみましょう。

学生へのメッセージ
本実験では、目に見えない物質を扱うことが多いです。
それぞれの実験において、何を扱っているのか、各操作にはどのような意味があるのか、よく考えて理解しながら実験を進めてください。