人間環境科学特別実習T[22D2083]

科目名
Course Title
人間環境科学特別実習T[22D2083]
Special Practice for Human-Environmental Sciences I
授業言語
Language
Japanese
科目区分・科目種 人間・環境科学科 クラス 人間・環境科学科
CCBM キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 3

担当教員 太田 裕治
学期 前期

受講条件・その他注意
6月頃にガイダンスを実施するので受講希望者は出席する事.受講に際しては実習先に迷惑がかからないよう,十分に留意する事.遅刻厳禁.就業上の一般的ルールを守る事.

授業の形態
実習・実技

教科書・参考文献
とくになし。日頃から、新聞やメディアなどによく目を通しておくこと。

ALH区分
ALHとして実施

評価方法・評価割合
小論文(レポート)= ,授業への参加態度=出席,ALH(アクティブ・ラーニング・アワー)

主題と目標
人間・環境科学に関連した実習を夏期インターンシップとして実施する.企業などに短期間在籍することで、大学での学習内容が現場でどのように生かされているか体験的に学習する。

授業計画
各研修先の実習内容に依る.期間は最低2週間を求めます.なお、受講に際しては、保険加入を義務付けています。加入しているかどうか確認してください。保険は、自分が怪我をするなどの「被害」に対する保険ももちろんですが、実習先の高価な装置を壊したりしない「加害」保険もあります。どちらにも十分注意を払って下さい。また、この実習では、アルバイト代を受け取るものは対象としていませんので注意して下さい。そのほか不明な点があれば担当者まで聞きに来てください。

時間外学習
(いうまでもないことですが)各自の実習予定先の業務について十分に下調べをしてから研修に参加しましょう.

学生へのメッセージ
企業や研究機関などでの実習を通じて社会人となる準備をしましょう.どの組織も様々な人々で構成されています。誰とでも上手に話せるよう、訓練をしてきてください。

学生の問い合わせ先
担当教員までメールで連絡してください。