臨床遺伝学T[22K4002]

科目名
Course Title
臨床遺伝学T[22K4002]
Clinical Genetics T
科目区分・科目種 遺伝カウンセリングコース クラス ライフ
CCBM   キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 12

担当教員 遺伝カウンセリングコース全教員
三宅 秀彦
佐々木 元子
学期 前期
曜日・時限・教室
火曜 5 6 主に学外の実習

授業の形態
実習・実技

教科書・参考文献
遺伝カウンセリングマニュアル
Thompson & Thompson 遺伝医学
新版 医療の接遇 基本マニュアル&演習(医療タイムス社)
など

ALH区分
通常授業として実施(11・12限等)

評価方法・評価割合
口頭試問=実習で行われた内容について理解を口頭試問します。,実習成果

主題と目標
遺伝医療の現場を体験し、遺伝カウンセリングの概要を知るとともに、遺伝子診断の実際について実習を通して経験する。
【東京女子医科大学大学院医学研究科遺伝医学において受講】

授業計画
遺伝カウンセリング臨床への early exposure を目的とした実習になります。
実際の遺伝カウンセリング事例から、医学的事項、心理社会的事項を実践的に学習します。
遺伝医療には他職種の連携が必須であるため、その連携のしかたや医療者間のコミュニケーションについても積極的に学習してください。
また、実際の患者さんやクライエントさんに出会う場でもあるため、礼儀作法、身だしなみ、個人情報への配慮を忘れずに実習に参加すること。
※ 実際の講義内容については東京女子医大の教員、スタッフの指導・指示に従ってください。

時間外学習
臨床に関わる科目であるため、医学的事項に加えて、ビジネスマナーを事前に学習しておくこと。
臨床で出会った患者さん、クライエントさんへのプライバシーに配慮し、振り返りを行うこと。

学生へのメッセージ
東京女子医科大学で、実際の遺伝カウンセリングの現場で学ぶ講義になります。患者さんやクライエントさんに対して、十分な配慮をもって実習に臨んでください。
※本講義は、臨床実習であり、遺伝カウンセリングの臨床経験のある認定遺伝カウンセラーおよび医師が指導を行います。