企業経営論[19D0020]

科目名
Course Title
企業経営論[19D0020]
Business Management
授業言語
Language
Japanese
科目区分・科目種 生活科学部共通 クラス 生活科学部
CCBM キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 2

担当教員 高井 透
学期 前期
曜日・時限・教室
金曜 9 10 生活科学部本館127室

受講条件・その他注意
事例研究を行う場合、前の週に事例を配布するので、読んでおくことが必要となります。

授業の形態
講義,演習

教科書・参考文献
参考図書@寺本義也・岩崎尚人「新経営戦略論」学文社

試験・補講日程
補講
2019/06/28 (18:20 19:50) 生活科学部本館127室

評価方法・評価割合
期末試験=50%,小論文(レポート)=20%,その他=10%(事例研究への参加度),授業への参加態度=20%(出席など)

主題と目標
本講義の目的は、企業の戦略行動を多角的な視点で分析する方法を身につけてもらうことである。本講義の前半ではまず経営学の基本的な知識を押さえることを重視する。そのため、経営学の中でもコアとなる戦略論などを中心に前半の講義を進める予定である。具体的には、多角化やイノベーション論、ビジネスモデル論などの企業成長に必要な方法を中心に講義を行う。これら経営学のコアとなる理論や概念に関する基礎知識を押さえた上で、後半の講義では、企業の戦略行動をより深く理解してもらうために積極的に事例研究を活用する。事例研究では、前半の講義で学習した理論や概念を用いて、成功事例や失敗事例の各要因間の相互関係を分析する手法を習得してもらうことになる。

授業計画
第1回 企業経営とは何か 企業を経営していく上での必要な経営資源と、その資源を生かす組織などについて講義する。
第2回 経営戦略とは何か 企業が持続的成長するためには、連続的に変化する環境への適応が不可欠である。この環境への適応の鍵を握るのが戦略である。第二回の講義では、この戦略とは何かについて詳しく説明していくことになる。
第3回 事業ドメイン 事業ドメインの概念と定義を、現実の企業の事例を援用しながら講義する。
第4回 業界分析 業界の構造を分析する手法を、多様な事例を援用しながら講義していくことになる。
第5回 企業の差別化とは何か 競合他社に対してとる具体的な差別化手法を講義する。
第6回 事例研究  企業の差別化戦略の事例を分析する。
第7回 競争戦略 競争企業を類型し、その類型に適合する戦略を講義していくことになる。
第8回 イノベーション戦略 企業イノベーションのタイプと、開発方法を中心に講義していくことになる。
第9回 事例研究 企業の競争戦略(iチャレンジャー企業)の事例を取りあげて分析を行う。
第10回 多角化戦略 企業の多角化戦略のタイプと、多角化を行う企業のロジックを講義する。
第11回 市場創造の戦略 顧客価値と競争優位性、市場を創造する手法について講義する。
第12回 事業システムと競争優位性 企業の持続的成長を支える、事業の仕組みについて講義する。
第13回 事例研究 企業の事業システムの事例を分析する。
第14回 競争優位と組織変革 企業が持続的に成長するために必要な組織変革の手法を講義する。
第15回 組織能力と競争優位 組織能力と企業の競争優位性の関係を、多様な企業の事例を援用しながら講義する。

時間外学習
事例研究の課題は事前に配布するので、講義で学習した理論や概念を使い、その課題を自分なりに分析することが必要である。

学生へのメッセージ
現実のビジネスの事例を多角的な視点から分析する能力を育成するためにも、
事例研究でのグループディスカションへの積極的な発言と議論を期待しています。