グローバル理工学特別講義T[19S1031]

科目名
Course Title
グローバル理工学特別講義T[19S1031]
Special Lecture in Global Science and Technology T
授業言語
Language
Japanese
科目区分・科目種 共通科目(前期課程) クラス 博士課程共通
CCBM   キャリアデザイン  
単位数 1.0単位 履修年次 13

担当教員 紺屋 あかり
学期 1学期
曜日・時限・教室
水曜 7 8 大会議室(人間文化研究科棟604室)

授業の形態
講義

教科書・参考文献
特にありません。*時間外学習の欄を参照ください。

評価方法・評価割合
その他=30%(毎回簡単なアンケートの提出),授業への参加態度=70%

主題と目標
経営者としての豊富な経験を持ち、技術に関する幅広い知見も有する「民間企業等の経営幹部経験者」の皆様を毎回お招きし、民間企業のプロジェクトマネジメントの具体例の紹介などを通じ、「技術を活かした経営の本質」を学びます。今後ますます進化する高度技術社会において特に必要とされる、全体を俯瞰できる能力の向上を目指します。

授業計画
1. 4月10日 「グローバル市場変化に対応した新たな事業戦略と競争力強化策」
〜日立「社会イノベーション事業」における医療機器事業の推進〜
三木一克 (元)株式会社日立メディコ代表取締役社長

2. 4月17日 「日本的精神のプロジェクトにおける価値」
〜大型・複合・国際化するプロジェクトにおいてリーダーに要求される資質は何か〜
野呂一幸 (元)大成建設株式会社常務役員設計本部長

3.4月24日 「失敗学から成功学へ―エンジニアリングとプロジェクトマネジメント―」
〜失敗学に加えて、どうすれば成功するかという観点からの成功学の構築〜
樋口清司 (元)宇宙航空研究開発機構(JAXA)副理事長 

4.5月8日 「電子乗車券Suicaから始まった電子マネーインフラへの発展」
〜鉄道用ICカードの開発 磁気式自動改札機 Suica展開 Suicaの情報システム〜
井上健 (元)東日本旅客鉄道株式会社常務取締役鉄道事業本部副本部長

5. 5月15日 「新しい時代の研究開発」
〜オープンイノベーションを実のあるものにするための研究開発と技術経営〜
上田新次郎 (元)株式会社日立プラントテクノロジー代表取締役副社長

6. 5月22日 「技術に立脚した経営−新規技術が未来を変える」
〜中長期視点の研究開発と事業化:航空機装備品事業とマイクロ・ナノ事業の実践〜
神永晉 (元)住友精密工業株式会社代表取締役社長

7.5月29日 「情報通信事業のダイナミズムと働き方改革」
〜NTTデータ、NTTでの経営の振り返りとテレワークのすすめ〜
宇治則孝 (元)NTT代表取締役副社長

8. 6月5日 「CSR経営―持続可能な会社を作るために―」
〜社会的責任投資は世界の全運用資産の3割を超えCSR経営に厳しい視線が向けられる〜
矢野薫 (元)日本電気株式会社取締役社長・会長

時間外学習
会社の概要などをホームページなどで事前にご確認いただくとより理解が深まります。

学生へのメッセージ
民間企業の経営幹部の方々のお話を直接うかがえる機会は、社会に出てからもなかなかありません。今回は8回に渡り、様々な業種で企業経営に携わられた方々のお話を少人数でうかがえる大変貴重な機会です。特に民間企業への就職をお考えの学生のみなさんの履修を期待しています。学部生の参加も可能です。

学生の問い合わせ先
リーディング大学院推進センター 内線5775