Essential Culture and Arts for Global Leaders[19S1016]

科目名
Course Title
Essential Culture and Arts for Global Leaders[19S1016]
Essential Culture and Arts for Global Leaders
授業言語
Language
English
科目区分・科目種 共通科目(前期課程) クラス 博士課程共通
CCBM   キャリアデザイン  
単位数 2.0単位 履修年次 13

担当教員 紺屋 あかり
学期 後期
曜日・時限・教室
火曜 5 6 理学部スタディコモンズ

授業の形態
講義

教科書・参考文献
List of movies that I will introduce during a class:
Tokyo-Ga(1985)
SAMI BLOOD(2016) and others

授業で紹介する映画作品は以下を予定しています。
東京画(1985)
サーミの血(2016) ほか

評価方法・評価割合
発表=Presentations 30% プレゼンテーション30%,授業への参加態度=Attendance 70% 出席70%

主題と目標
- To learn the basic cultural idea and theory
- To learn the cultural history since 19th century to present
- To deepen intercultural understanding
- To know more about world movies, music and arts

-文化思想や文化理論について学ぶ
-19世紀以降の文化史について学ぶ
-異文化理解を深める
-世界の映画、音楽、芸術作品に触れる

授業計画
1. Introduction
2. Cultural anthropological view--Ethnocentrism to Cultural relativism
3. Study of Cultural anthropology--Fieldwork methodology
4. Family (1) Family connection
5. Family (2) Maternal Society
6. Ethnicity (1) Minority group
7. Ethnicity (2) Indigenous people
8. Gift and Exchange (1) The meaning of giving things to others
9. Gift and Exchange (2) Duty to return for gift
10. Religion(1) Prophecy, magic and indigenous believes
11. Religion(2) How to communicate with ancestors?
12. Cultural identity (1) Living in a hybrid society
13. Cultural identity (2) Rethinking nationalism
14. Group research
15. Final presentation


1. オリエンテーション
2. 文化人類学的ものの見方―自文化中心主義から文化相対主義へ
3. 文化人類学入門―フィールドワークの手法
4. 家族(1)家族のつながりとは何か
5. 家族(2)母系社会に生きる女性と男性
6. 民族(1)現代を生きる少数民族
7. 民族(2)先住民問題
8. 贈与交換(1)モノを他者に贈ることの意味
9. 贈与交換(2) 贈り物をめぐる返還の義務
10. 宗教 (1) 予言, 呪術, 妖術の世界
11. 宗教 (2)弔うことの多様性
12. アイデンティティ(1)ハイブリッド社会に生きる
13. アイデンティティ(2)ナショナリズムを問いなおす
14. グループ・リサーチ
15. 最終プレゼンテーション

時間外学習
Reading list will be provided at class. Reading those would enhance your understanding.
初回の授業で参考文献を提示しますので、各自関心のある文献を読んでください。

学生へのメッセージ
This liberal arts class welcomes all graduate students with neither limitation to a particular study field, nor high English level. Please join if you wish to learn more about culture and world movies.
-Several movies and visual media or audio will be provided at each class
-No report submission required, however you will be asked to write your impression of each class
-Several classes will have group discussion time

英語で開講する大学院生に向けたリベラルアーツ科目です。理系文系いずれの学生も受講可です。特別に高い英語力は求めません。
-毎回の授業で、複数の映像作品や映画を鑑賞します
-レポート提出は求めませんが、各授業ごとに感想シートを提出してもらいます
-授業中にグループディスカッションを行います