生物学特殊講義]\[20C4110]

科目名
Course Title
生物学特殊講義]\[20C4110]
Special Lecture in Biology]\
授業言語
Language
Japanese
科目区分・科目種 生物学科 クラス 生物学科
CCBM キャリアデザイン  
単位数 1.0単位 履修年次 14

担当教員 毛内 拡
学期 4学期

授業の形態
講義,全面オンライン

教科書・参考文献
工藤佳久 著 「もっとよくわかる脳神経科学 やっぱり脳はスゴイのだ!」羊土社
工藤佳久 著 「脳とグリア細胞」技術評論社
宮川博義・井上雅司 著「ニューロンの生物物理 第2版」丸善出版
カラー版 ベアー コノーズ パラディーソ 神経科学―脳の探求 マーク・F. ベア
第4版 カールソン神経科学テキスト 脳と行動 泰羅 雅登

評価方法・評価割合
小論文(レポート)=期末レポート 50%,授業への参加態度=出席 50%

主題と目標
主題:「気持ちの問題」を科学する-大脳皮質の神経生理学入門-
目標:日常生活で「気持ちの問題」と言われることがたくさんあります。最新の脳科学研究により、それが単なる迷信ではなく、大脳皮質からのトップダウンの指令によって実現されていることが明らかとなってきています。この講義では、神経生理学入門として、まず外界からの情報がどのように脳に伝わり、感覚として処理されているか、運動・行動がどのように起こるか、について学んだのちに、大脳皮質がどのようにして感覚情報を修飾しているかについて学びます。例えば、痛みや、注意などを取り上げます。最終的には、知覚や意識、自由意志という問題にも切り込んでいきます。

授業計画
第1回
11/27 脳科学研究の歴史、シナプス伝達概論
第2回
12/4 脳と喜怒哀楽(情動と記憶)
第3回
12/11 広範囲調節系概論
第4回
12/18 痛み、ストレス、注意、多動性、パニック
第5回
12/25 うつ、不安、摂食障害、自閉症
第6回
1/8 やる気、恋愛、依存、幻覚、妄想
第7回
1/15 睡眠、夢、集中、学習、記憶
第8回
1/22 意識、自由意思

時間外学習
講義の終わりに予習問題を出します。次回の講義までにwebで提出して下さい。

学生へのメッセージ
巷で言われている脳科学と神経生物学は全く異なるものです。生物学の観点から脳のはたらきを学んでいきましょう。講義は、オンラインでスライドを用いて行います。

学生の問い合わせ先
理学部一号館634室(内線5303)monai.hiromu@ocha.ac.jp